食べ物

【実食後昇天!】銀座ハナマサのカツサンドを食べてみた!やっぱりボリュームすごかった!

プロ仕様の精肉が並ぶお店「肉のハナマサ」。

そのハナマサの親会社が展開する激安スーパーをご存じでしょうか。

その名は「ジャパンミート」。

首都圏を中心に展開しています。

あぁ、近所にあってラッキー!

ボリュームのある鮮度の高いお肉がお手頃価格。

しかもお肉だけではなく、魚、野菜、お惣菜、どれも庶民応援価格なんです。

ジャパン「ミート」なのに、ミート以外も安い。

ビック「カメラ」なのにエアコンも冷蔵庫も安い!

みたいなワクワク感。

お店に行くと、とにかくあれもこれも気になるのです。

ということで、買うものはあらかたカゴに入れ、

何の気なしにお総菜コーナーを眺めていたら破壊力抜群の一品が目に飛び込む。

かつサンドだ。

オーソドックスな豚肉のかつサンド。

パンパンに詰まっておるではないか。

透明ケースのフタが今にもパーン!と開きそうな勢い。

もうちょっと近くから見たい。

お、美味しそうじゃないか・・。

でもこのボリュームとなると、いくらジャパンミートでもお高いんでしょう?

と目線を上にやると・・

税込み、431円!

ってことは、一切れ約144円。正気か。

おや、右側になにやら書いてありますよ。

「秘伝のソース」「驚きの肉厚」

ひとつずつ丁寧に手作り・・だ・・と・・?

冷凍カツじゃなく、人の手で衣をつけて揚げた一品ということか。

お肉屋さん「肉のハナマサ」の本気を見てみろと言わんばかりの気概です。

はい。お買い上げ。

そわそわと帰宅してさっそく取り出します。

やっぱりボリュームすごいわ。

ハナマサの主張もすごい。上下から攻めてくる。

いざフタを開けてみると・・

何この大きさ。

測らずにはいられません。

メジャーメジャー。

全長約17cm。

ひとつあたり、5.5cmはある。

縦幅もしっかり。

肉厚!

と黄色看板で豪語してただけのことはあるわ。

じゃ、ひとつ手に取ってみましょうか。

ぺらり。

ソースが絡んだ、衣と、千切りキャベツ!!

あーもう我慢できない。

これ絶対うまいやつ~♪

実食。

パンのしっとり感から入り、ソース×キャベツ×衣コンボが飛び込んでくる。

そしてメインのカツに到達!

やわらかさと旨味が広がって、序章のコンボと渾然一体となって昇天。

この時間差攻撃はずるい。

もう一度言います。

ずるい。

至高の時をいとも簡単に手に入れられるとは。

そう、有名店のかつサンドはいろいろあります。

どれも美味しいに違いありません。

けど、高い、並ぶ、遠いがネックなんです。

一方、銀座ハナマサのカツサンドは、買い物ついでに買える。

ついででこんな幸せに手が届く。これは大きい。

ただ一つ大きな問題があるんです・・。

「家族で取り合いになる。」

今度はこっそり隠れて一人で全部食べよう。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です